e !

  • 090310_2b
    09.3.6 更新

hanken !

  • 081005setu_b
    08.10.07 更新

rakugaki !!

  • _dsc9675
    08.10.07 更新

rakugaki !

  • Dsc00015
    1-50

2008年2月26日 (火)

ワンダーフェスティバル2008冬レポート

_dsc6761_dsc6766_dsc6771_dsc6779_dsc6781_dsc6782_dsc6787_dsc6788_dsc6793_dsc6795

少し遅くなりましたが、『ワンダーフェスティバル2008冬』へ行ってきました〜とりあえずはディーラー参加のナガノ殿お疲れさまでした!

で、今回の感想としては事前予想通りのグレンとミクが多かったのは確かですが、多ジャンル(と言ってもアニメ漫画ゲームキャラが強いのですが)にばらけたような感じでしたね。らき☆すたやらハルヒやらなのはやらモンハンやらフェイトだった訳です。しかしながら、自分はどれも原作を詳しく知らない…(笑)最近の流行なのか木彫りのキャラクター造形や、人気が出たヤドクガエルなどの小型動物系も強かったです。


写真左上から1
リボルッテックの『北斗の拳 ケンシロウ』これは欲しい…。以前にも海洋堂から似たような山口式があったような気がしますが、今ではどこにも無い訳でキャラクター展開も広そうなので期待です。

写真2
『グレンラガン』のイベント。グレン団グレン団グレン団となんだか洗脳されそうでしたね(笑)。当日の記録的な強風もあってか、外のコスプレ参加者がどっと中に入っていたのでびっくりしましたが…こんなにワンフェスにいたのかってぐらい。Tシャツぐらい買っとけば良かったかな。見た事無いけど。

写真6
『ストリートファイターオンライン』の出展もありました(また格ゲーですが)。試遊もあったのですが時間の都合もあり見送りでしたが、横目で見た感じではマウス操作ながらスムーズに動く様子。だけどMacユーザーの自分は…

写真7、8
コトブキヤのジョーンズ親子!ハリソン・フォードのインディも、ショーン・コネリーのヘンリーも写実的でキャラクターの特徴を表すポーズが決まってます。今にも動き出しそうです。確か昔のホビージャパン記事でも作例があったような…今でもなお人気の題材のようです。

写真9
タミヤのミニ四駆大会!!!!!
アニメのDVD発売らしいですが、まさかワンフェスでこんな企画があるとは。

2007年2月28日 (水)

ワンフェス2007冬-おまけ

今回は企業ブースにはほとんどいなかったのですが、変わった販促グッズを集めるのが好きなので気になった物を紹介〜。

Dsc00102Dsc00103

食べれる広告!!
食べてないので味はどんな感じかわかりませんが、いかせんのようです。食べてる人は見なかったけどね。いや〜、いろいろ考えますなぁ。

2007年2月26日 (月)

ワンダーフェスティバル2007冬

Dsc02205

昨年夏に続き今回もワンダーフェスティバル2007冬に行ってきました〜
一緒に旅したナガノさん、AYTさん、芝さん、ナガイさん、KOさん、KAさん、お世話になりました!


09:10
Dsc02095

りんかい線にて展示場前に到着。
前回と同じく最後尾を目指して観覧車付近まで歩きます。…前回よりも最後尾が遠いような気が。

10:50
思ってたより早く会場入り。と、言っても1時間半以上は過ぎてますがもう驚きなど無いっす。

Dsc02203
Dsc02188

おぉ…、やはり会場の熱気は凄まじい!はやくも目に飛び込む作品の数々に期待が高まります。しかしここは落ち着いてそれぞれ一度別行動に。特にダッシュで欲しいものがある訳ではないので会場を端から練り歩きつつ見て回ります。個人的には、企業ものや人気タイトルの造形よりも一風変わった創作に興味があるので多くの場合ですんなりと見て回ることができました。
しかしなんだか今回は好みのカッコいい怪物は少なかったので残念なとこも少し。まぁ、高精度な造形物を販売用に半年で仕上げるというのは並ならぬ苦労が必要とされるはずなので仕方の無いことだと思いましたね。まぁ次回に期待。

13:00
一度、合流してもういちど各自見て回ることに。
午後になってから異常に人が増え始めました。ライブイベントやボトムズのトークショーなんかもあるのでそちらが目当ての方もいるはずですが、他の理由としてはコスプレ参加者が会場内にあふれてましたね。歴代仮面ライダーが列を組んで歩いていたのは見ていて楽しかったのですが、すれ違うたびに気を使いましたよ。

今回個人的に目を引かれたのがメーカーの巨大造形。
Dsc02194Dsc02197


1/12ガンダムの発売が起爆剤となったのでしょうか、初号機も販売されるみたいですね。デモンベインの方はちょっとわかりませんが凄い造形になってました。ドールのアル・アジフは…まぁこういったものは見慣れてしまったのでもう驚きなどないな…。


15:00
再び合流して会場を出ることに。う〜ん今回も楽しいお祭りもそろそろおしまいに。
この後、遅めの昼食をとって帰路へ。

今回は二度目ということもあって落ち着いて見ることができましたが目当ての作品との出会いが少なかったのが心残りかと。全体的に造形物としてはピンキー人気は衰えず、それを模したかのようなSD作品が多かった気が。タイトルだとフェイト、ハルヒ、ローゼンは強いし、リリカルなのはも多いようでした。どれも作品の中身を知らないので何とも言いがたいですが気になる造形が多かったのは確かでした。

模型、フィギュアの祭典ではありますがやはり感心することも多く、刺激を受けずにはいられないものでした。絵画や彫刻などの作品を見に行くことも好きですが、海外からも取材陣がきている様子をうかがうと、知名度を上げてきたオタク的なニューカルチャーも日本にいるからには定期的に見ておいて損の無いものじゃないかと感じます。う〜む、日々精進しつつ次回を期待したいと思います。

2006年8月21日 (月)

オタ旅行 2日目〜ワンダーフェスティバル2006夏〜

19日に続き20日はワンダーフェスティバル2006夏に行ってきました〜

この日も共に旅したナガノケンさん、AYTさん、お世話になりました!


→8/20

07:00
起床。
三人そろって朝食へ。みんな疲れている顔だったはず。 (笑)
朝食後は三人集まってまたテレビ見ながら作戦会議。遊びに行く時って、こうやって期待に夢膨らませている時が一番楽しいんですよね。もちろん会場も楽しいですけど人も多いですし、ある意味で戦いみたいな事になってますからね。

09:30
旅のメインイベントへ向けてゆるりと出発。
開幕ダッシュで欲しい物をゲットするのも良いですが、作品との偶然の出会いに期待するのもひとつの楽しみ方。
まぁ、体力&金銭的にも辛いのですがっ!(涙)


09:50
会場の東京ビッグサイト着。




Dsc_1533





Dsc_1537



お約束のごとく開場前から長蛇の列が。
しかし昨日の比では無い!観覧車の先まで最後尾が続いてました。暑い日差しの中、皆さん頑張りますなぁ…自分もですが。

列の途中、様々な建物がある中に結婚式場があり、幸せに永遠の愛を誓い合うご夫婦がいました。果たして今日、式を挙げたカップルにはあの異常な行列がどのように目に映ったのでしょうか。(笑) 数千人のアレな人々があなた達の幸せを願っているはずです…どうか幸せに。


11:00
開場入り。




Dsc_1733




Dsc_1553




ここがガレージキットスピリッツの聖地…数年前、『海洋堂クロニクル』という本を読んで以来、興味を抱き続けた世界がいまここに!

列のときから分かっている事ではありますが人が多い!そして広い!!
昨日とは違うなんと強烈で異様な熱気、プレッシャー…この会場に昨日のようなお子様はいませんでした。いるのはただ強者のみ。善くも悪くも、制作欲と物欲に取り憑かれた亡者のごとき強者!
僕らも負けじと一度、三人分かれて会場を練り歩く事に。
今日は会場も広いだけあって、いろいろ見る順番を考えてましたがそんなのは無駄に終わりましたね。なぜなら人が多すぎて目的の場所に簡単には行けないのでし、ノーマークでも素晴らしい作品展示している方もいらっしゃって、ついつい見入ってしまうからですよ。

人が多くなかなかゆっくりと見られませんでしたが、とりあえず目的としていたブロックジョイントのブース。すばらしい作例に驚き。webで様々な作例を見る事は出来ますが、やはりスケール感がケタ違い!そしてブロックジョイントの可能性と奥の深さに驚かされました。会場内には他にもブロック造形のブースがありましたが、先駆者として頑張っていただきたいと僕も心から応援いたしております。

次に中学の時よく遊んだダライアス関係の作品を扱っているブース、創作モデルのブースをチェック。売り切れや高額で買えないもの、人が多くて行けなかった所もありましたが、ワンダーショウケースの『丑蜜』を購入する事ができました。『花本はぐみ』も非常に興味をそそられる造形でありますが、『丑蜜』を購入した理由に造形の素晴らしさももちろんの事、創作という作家本人の頭の中にしかない独自の世界を実際に手で触れて覗いてみたかったからです。ジャンルは違うと言えどもクリエイターを志す人間としては、版権や既存の設定を外した上で作家の生の声を作品を通じて感じるべきと思いました。

今回の目的は完了!あとは端から順に見て回るだけ。
流行もあってか中古玩具の販売やピンキーなどのキャラクターフィギュアの改造キットが多いように感じました。


13:00
一度、3人集合。
会場のときは人が多くて見れなかったファクトリーズアライアンスのブースへ。
ここでも今までは雑誌でしか見る事が出来なかった作品を間近で見れて感激!モーターヘッドの造形はただの模型の範疇に収まらず、工芸作品としての魅力と価値がある事を確信。シャープで流麗な線から生まれるどんな造形にも無い独自の造形の緊張感、妥協の無い造形が放つ気迫を感じました。人がいっぱいいて立ち止まらないで下さいと言う係の方の声もありましたが、申し訳ない事に見入ってしまうと無理な話ですね。


13:30
もう一度別々に分かれて会場をあるく事に。
『トップをねらえ2!』のイベントが凄…



Dsc_1733_1




最近の声優はあまり知りませんが、司会をやっていた男性の声がうるさくてちょっとね…人気の声優なんだろうと思いますが。

輸入本のブースで一冊購入。


14:00
一通り見終わり会場を出る。
戦いは終わった…

で昼食。
意外と空いていて驚き。こんな時間だと帰る人が少ないのでしょうか。
僕らはもうぐったり。軽く眠っちゃいそうでしたね。


15:30
またも秋葉原で物色。


18:00
池袋着。
松屋で軽くメシ。


19:05
二人よりも一足先に帰りの高速バスへ。
もう完全に寝れます。寝ます。


23:40
帰宅。
お、終わった…。


疲れましたが何より楽しかったです!
今回の感想としては同じくクリエイターを目指す人間として、両会場の熱に刺激されずにはいられないと言ったとこでしょうか。
どんな作品であれ作った人と、作りたいと思っている人の間には大きな差があるように感じました。今回の会場を見て自分も何かしたいと思っているうちに動き、形に残せたらなと思いましたね。これからも精進です!

共に旅したナガノケンさん、AYTさん、そして会場でお会いしたディーラーの方々、お疲れさまでした!ありがとうございました!!

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

pixiv

無料ブログはココログ