e !

  • 090310_2b
    09.3.6 更新

hanken !

  • 081005setu_b
    08.10.07 更新

rakugaki !!

  • _dsc9675
    08.10.07 更新

rakugaki !

  • Dsc00015
    1-50

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月24日 (水)

!が付き過ぎなサブタイに泣いた

090624

『MS IGLOO 重力戦線』1〜3見ました。
『重力戦線』とはまた力強く、響きの良いタイトルですね。前半「う」の音で2回締めて後半「ん」の音をこれでもかと2回使う。非常にマッシブな言葉の響きではないかと思うのですがいかがだろうか?まぁ国語も音楽もたいした教養のない自分が言うのも可笑しいですが(笑)

前作がジオンサイドだったのに対して今回は連邦。基本的に主人公が死亡フラグ立ち過ぎな展開は変わりませんが今回はその死亡演出に拍車がかかり過ぎな印象もw
3話とも死神さんが登場する切り口は面白く、それぞれ復讐に燃える主人公達が死神と呼ばれながらも、実は本物の死神に囚われているという何とも言えない人間の業の深さを一連の物語に与えています。
物語は、一年戦争の開戦からオデッサまでということで1話から3話に進むにつれ、連邦の対MS兵器の進歩が伺えます。何だか見ていてPSでさんざん遊んだ『ギレンの野望』を思い出しましたね。連邦序盤の61式戦車でザク相手にG作戦まで粘る、そしてガンダム開発後の連邦の逆転劇を体感できる、素晴らしく良く出来たゲームバランスを今でも記憶しております。IGLOOのようにゲームでは生身でザクに立ち向かうなんてシステム上できませんが、今後はベン・バーバリー中尉のような単身MSにゲリラ戦を仕掛けるなんてのもあっていいと思いました。
逆境、不遇、最悪の展開しかない物語が3話も続く訳ですが、よくもまぁリリースしたなとスタッフの皆様には感服いたします。『00』人気も冷めやらぬガンダムシーンですが、架空の戦史におけるリアリズムを楽しむ上では非常に価値ある作品のように思います。

ところで見ていて思ったのですがCGの技術は猛スピードで進歩している訳ですが、サンライズのCGはいつ見ても弱いように思います。今作を見ていてもPS3のムービーとかの方が奇麗なような…OVAだからあんまり予算無いのかな。3話のグフとドムなんか模型誌で結構な紹介されていたから期待していたけど、たいした見せ場無く一瞬で撃破されてしまうのは勿体無い気がしました。しかし、動きに関してはさすがに『重力戦線』とタイトルうってる訳なので半端無く良い!ザクの動きなんかしっかり前のめりで、一歩一歩の着地をこなして動いてる姿を見た時は「重力を見た!」という印象でした。
あと、別に声優好きでも何でも無いですが、声優陣が異常に豪華(笑)ハーマン・ヤンデル中尉(CV磯部勉)vsエルマー・スネル大尉(CV大塚明夫)なんて見ていて洋画の吹き替えかと。

2009年6月17日 (水)

触手でむかえるフレッシュな朝

090616c

『フレッシュプリキュア!』のイースがどうも最近のプリキュアがけしからん事になっていて正直、朝から落ち着いていられない(笑)いくら悪役とはいえ女の子が触手でもだえる内容を朝から放送しちゃまずいでしょ。
ラビリンスの皆様はそろってカッコイイ連中なので描こう描こうと思いつつ半年orzもうちょい悪役らしい絵にしても良かったかと反省。
どうでも良いのですがイースというと『Ys』、せつなというとF・セイエイな彼が思い浮かぶのですがいかがでしょう。

2009年6月13日 (土)

爆笑戦士SDガンダム

爆笑戦士SDガンダム
コミックボンボンで一番好きだったかもしれない漫画。
この1巻は当日買ったのですが、さすがに十年以上前の漫画ゆえに他の巻は全くもって売ってませんね〜
ちなみに表紙の武者達は全く出てきません(笑)

2009年6月10日 (水)

豚皮

090610

『ショーン・オブ・ザ・デッド』と『Hot Fuzz』を今頃になってようやく見ました。どちらもくだらないが、非常に楽しめた。
決して、誰にでもオススメな感動の名作!なんて代物ではないが、続編ばっかり、原作付きばっかりの底冷えした映画業界に、パイプ椅子で場外乱闘を仕掛けるかのような(意味不明)エネルギーを感じました。日常をやたらカッコ良く見せるカットと編集、随所にちりばめられた映画好きがにやりとするパロディ要素、コメディなのにどこか品のある演技など、低予算でありながら異常なまでに完成度が高く恐れ入る。エドガー・ライトとサイモン・ペグのコンビには、ロバート・ロドリゲスやクエンティン・タランティーノのようなインディペンデント魂溢れる作品を今後も期待いたします。

くだらない映画といばちょっと前に『トゥルー・ライズ』なんぞもテレビでやっていた。見た。くだらないし、どこがスパイなんだよとアホみたいな映画だけどテレビでやってたら99%見てる。どこがこの映画良いかって、くだらない事をあまりにも豪華にやってるからね。公開当時テレビかなんかで言ってたけど、後半の橋破壊は本気で戦闘機から対地ミサイル発射したり、高層ビル破壊シーンは廃ビルを本気でぶっ壊して収録したそうな。とにかく今ではCG使うであろう破壊シーン。どっちが予算的に安くあがるかは分かりませんが、もうこんなアクションコメディに使われない、ある意味で贅沢な撮影なので見る価値があるのです。

テレビでやってたので『ターミネーター3』も見た。あれもくだらない。あまりにひどいので公式設定から消されてしまいました(笑)ジョン・コナーとケイトの出会い含め、いろいろとお話が強引だし何より、前作あれだけ運命と戦っていたサラ・コナーに反して、運命は変えられませんでしたと締めくくるエンディングが何ともショックでした。公開始まってすぐ見に行ったのですが人には勧められませんでしたね。しかし『ターミネーター3』にも良いところはありまして、CGの使い方が今の水準で見ても抜群に巧い。当時は『スターウォーズ』や『マトリックス』の影響あったりで、技術進歩と共にばりばりのコテコテCGが良くも悪くも流行でした。もう映画というよりCG技術の発表会でした。そんな中、『ターミネーター3』のCGは非常に最新の効果を隠し味のように目立ちすぎずに使っている。決して役者や美術演出を食わないCGを見て、どこか安心したのを今でも覚えています。『T2』で最新の技術を使い、『3』のスタッフが前作を違った角度から超えようとした結果なのかもしれません。

くだらない事でも異常なまでに本気で行うと、人の心を大きく動かすとくだらない映画をだらだら見つつ思いましたね。ちなみに『ターミネーター4』は見ます。クリスチャン・ベイルも『ダーク・ナイト』で印象が大きく変わったので期待です。

2009年6月 6日 (土)

気がつけばといつもいってばかりですが

090606

結構、前回更新から間が空いてしまったorzまぁいつものことですが。ちかぢかトップ絵も変えたりといろいろサイトのデザインも変えたいですがどうなる事やら(笑)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

pixiv

無料ブログはココログ