e !

  • 090310_2b
    09.3.6 更新

hanken !

  • 081005setu_b
    08.10.07 更新

rakugaki !!

  • _dsc9675
    08.10.07 更新

rakugaki !

  • Dsc00015
    1-50

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

加藤直之先生の個展

Dsc00125Dsc00127Dsc00126

28日に神田の三省堂書店で開催されている加藤直之先生の個展を見に行ってきました〜

今回の個展では作品の展示以外にも会期中、加藤先生がその場で作品を描いている様子を見学できるという非常にめずらしいイベント。普段は印刷物としてしか見れなかった緻密で迫力のある作品に圧倒されましたが、それ以上に目の前で作品が出来上がって行く様子を見て自分は体が固まってしまいました。すらすらと絵が出来上がっていくその手際や行程に目からウロコ、目からバーサーカーなのですよ。
途中からゲストで太田垣康男先生が訪れ、トークショーでは宇宙服やパワードスーツなどのメカ話や仕事の話、裏話など非常に内容の濃い対談で、こちらも非常に参考となりました。
会場の雰囲気や先生ご自身も堅苦しい雰囲気は無く、間近で見学させていただいたり、色々と話をしていただいたりと非常に来場者との距離が近く、絵を描いている途中でも親切に買った本に2冊ともサインしていただきました。この2冊は宝であり、教科書であり、ボロボロになるまで読み込んで絵の参考にしたいと思います!!

2007年4月26日 (木)

なんかグロいっす。

Dsc00124

黒い歯ブラシ…思わず買っちまったよ。

2007年4月24日 (火)

な、なに!?

Dsc02700

バウンド・ドックのMIAはマニアックなアイテムだが近所に持っている人がいた…いやぁ、いい造形ですし立体化は少ないし買ってよかった。

2007年4月22日 (日)

デカイだけの事はある

Dsc00123Dsc02680

バンダイのディスプレイベースがなかなか良い。
サイズが大きくて買ってからしばらく使わずに放置していたのですが、最近プラモやフィギュアの写真を撮っているので試しに使ってみたのです。さすがにデカイだけあって安定するし、多くガンプラの股の部分をしっかりと固定してくれるので横に倒しても使えて前のめりになった勢いのあるポーズも作れますね〜
いやぁ、いままで使わずにいてもったいなかった。

2007年4月21日 (土)

めんどくさいは楽しい

Dsc00121Dsc00122

評判と噂の『世界樹の迷宮』買いました〜3Dダンジョンですよ、3Dダンジョン!
これといったストーリーやキャラ設定がある訳でもない、ただダンジョンがあるから探索に潜りクエストやミッションをこなすといった古典的な内容。さまざまなモンスターやアイテムの図鑑をうめていく最近のゲーム的な楽しみもありますが、このゲームの特徴はなんといってもダンジョンの地図を下の画面にタッチペンを使い自分で書いていく機能。これが地味なようでいて楽しい!!まさに自分がダンジョンを探検しているような気分になるのです。
とりあえず今は地下5階でモンスター退治なのですが、ダンジョンゲーってのはやはり一般的なRPGと比べて難易度が高いね…。まぁ、じっくり楽しめそうな感じです。

2007年4月16日 (月)

…うわぁ

Dsc02375

決して↑がMy携帯のデフォではない。
携帯で何でもかんでもできる時代ですが、マンガが読めるアプリを初めて使ってみました。
『蟲師』や『蒼天の拳』とかメジャーなタイトルもいっぱいあったけど、お試しの無料だと横道にそれた一癖あるマンガばかりでしたな。で、普段は読むことは無いBLマンガ読んでみました。(笑)
大体、想像はついてましたが美形同士の都合のいい展開…そんなアホなと思いながらも、普段見慣れぬ世界に何本か見入ってましたね。しかし、物によってはお試し版なのに初っ端から事に及んでいる作品もあったんですが…まぁいいか

さくら

Dsc02365Dsc02369

先日出かけた埼玉ではもうほとんど散っていましたが、帰って来るとようやくこちらでも見頃となりました。

2007年4月 5日 (木)

ハルヒは知らないが

ニコニコ動画で見つけた『ハレハレ岩男』が良い!!
ドット絵のロックマンたちが楽しく踊ってくれます〜

最近はニコニコ動画やYouTubeで『2』の曲をはじめとした様々な動画が作られていて、ファミコンでの初期ロックマンが予想外の再評価されているように思えます。まぁネタとしておもしろがられているだけとも見れたりしますが、技術が進歩して高画質、高音質のゲームが作られているなかでも時代を越えて評価されていることには変わらないはず。

今年で20周年。流星のロックマンが出たりゼクスの新作なんかも出ますが、ドットの荒い昔ながらのロックマンが個人的には一番好きです。

まぁなんとかクリア

Dsc00120

ルミナスアークが1週目終わりました〜
で、↑がその時のレベル。


アルフ(Lv58)
主人公なのにセコく遠距離射撃。もしくはサポート役。なんだかなぁ…

レオン(Lv54)
攻撃力が高いので対ボスの要。ストーリーの途中で抜けたので少しレベルが低いけれども十分強い。

セシル(Lv62)
戦闘も回復もこなす強キャラ。後半の変身イベントはショックでしたな…

カイ(Lv55)
攻撃力はレオンよりも若干劣る物の、行動順が早いので強い。スキルも良いものが多い。

ルーシャ(Lv60)
回復役。攻撃系の魔法もあるが最終章の敵は光属性のためほとんど効かない…ヒロインではあるけれども個人的に微妙だと思うのだけど…ツンデレキャラ

ヴァネッサ(Lv59)
回復魔法はないが攻撃力アップや物理攻撃3回無効などの役に立つ魔法が多い。

ウィウィ(Lv61)
行動順が早く移動距離も多いので重要なサポート役。

ヒース(Lv57)
攻撃力は3番目ぐらいで支援のスキルもあるので使いやすい。戦闘ではなんだか主人公っぽいポジション。


以上の8キャラがベストメンバー。
メンバーは実際に使いやすいという理由もあるけれどもレベル上げがしやすいので。
このゲームは味方への回復魔法と支援魔法で必ず経験値が30入ります。で100貯まるとレベルアップしてHPとMPが回復します。なので回復か支援魔法を敵の弱いフリーマップで繰り返しているだけでレベルは上げることが出来るのです…。(なんだか破綻してるんじゃ)

いろいろ書きましたが遊んでて思うのは基本的にこのゲームはキャラゲーじゃないかと。豪華声優陣によるイベントパートはよく喋るのでかなり気合い入ってます。絵柄と声優に興味ある人は是非。

2007年4月 1日 (日)

ウソテク懐かしー

Dsc00119

ファミ通4/13号でにエイプリルフール企画でファミマガのウソ技を紹介していました。
小学校のとき自分も友達も本気で信じていて出来ねーと叫んでいた記憶があるなー。(笑)当時ウソ技作ってた人がファミ通系列に在籍しているようで今回の記事には当時の制作の裏話なんかも掲載されていました。
ファミマガも終わってから10近く年経つのか…内藤泰弘先生のサムスピや神崎将臣先生のストIIのマンガなんかもありましたね〜

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

pixiv

無料ブログはココログ